美容の基本は睡眠と食事!理想の生活リズムとは

美容というと、どんなコスメを使うのかにばかり気を取られがちです。ニキビ肌に悩む人ならビタミンC誘導体、乾燥肌の人ならヒアルロン酸など、化粧品の成分にこだわっていることでしょう。しかし、美容の基本は食事と睡眠です。基本がしっかりしていなければ、どんなに良い化粧品も効果が半減します。そこで、美容のための食事と睡眠についてご紹介しましょう。

睡眠は肌を修復する大切な時間

睡眠は一日の疲れをとるための休息で、美容には関係ないと考えている人も多いでしょう。しかし、休息中の体の中では、さまざまな修復作業が行われています。
就寝中には成長ホルモンが分泌され、自然治癒力を高め風邪や傷などの回復を早めたり、細胞分裂を助け肌の再生力を高めたり、活性酸素を除去して老化を防いだりと、活発な修復作業を行います。しかし、成長ホルモンは入眠してすぐに分泌されるのではなく、3時間ほどしてから分泌され、6時間ほど作用し続けます。そのため、成長ホルモンの効果を最大限に得るには、7時間の睡眠が必要です。

体に負担をかけない食事サイクル

スリムな体型を維持したいと、食事制限をしたり、食事回数を減らすなどのダイエットをしている人も多いでしょう。しかし、体に負担を掛ける食事サイクルは、美容の大敵です。
最も理想的な食事サイクルは、朝・昼・晩の3食です。適切な栄養素が、常に体に充満している状態にするのが大切になります。一度に食べる量が多すぎると消化しきれずに体に負担をかけ、少なすぎても便秘を引き起こしてしまいます。

美容に必要な栄養素

美容に良い食事は、いろいろな栄養素をバランスよく摂取するのが必須です。栄養に偏りがあると、美容や健康にも支障をきたしてしまいます。しかし、中でも特に摂取しておきたい栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、たんぱく質です。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素で、ほうれん草やかぼちゃ、ニンジンに豊富に含まれています。乾燥を防ぎ、みずみずしい肌へと導いてくれます。吸収力を高めるために、油と一緒に摂取するのがおすすめです。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがある栄養素で、ブロッコリーや柑橘類、海苔などに含まれています。一度にたくさん摂取しても体外に排出されるため、数回に分けて摂取するのがベターです。
タンパク質は細胞を作るのに欠かせない栄養素で、赤身の肉や鶏肉、大豆に多く含まれています。肌のハリを保ち、美肌をキープできます。納豆や豆乳、豆腐などはダイエット食としても人気で、毎日の食事に取り入れやすい食材なので積極的に摂取しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です