男性のスキンケアはもはや当たり前?スキンケアの基本を解説

スキンケアといえば女性のイメージがありますが、今や男性でもスキンケアを行うのが当たり前になりつつあります。しかし、一方で男性のスキンケアへの必要性に疑問を感じている人や具体的にどのようにスキンケアを行ったら良いかわからない人もまだまだ少なくないはずです。
そこで、今回はスキンケア初心者の男性に役立つ情報を紹介していくので参考にしてみてください。

男性の肌にもスキンケアが必要な理由について

男性特有の肌トラブルの原因として、まずあげられるのが「ヒゲ剃り」です。特に職業柄、ヒゲが許されない人は毎日のようにヒゲ剃りをしなければいけない場合もありますが、ヒゲを剃る時にはどうしても一緒に肌の表面の角質もそぎ落としてしまいます。
肌の角質は外部の刺激から肌を守る役割があり、古くなると自然に剥がれて下から新たな角質がでてきますが、ヒゲ剃りで角質をそぎ落としてしまうと肌のバリア機能が低下し、外部の刺激によって荒れやすい状態になってしまいます。

また、女性の場合には外出時に化粧をしたり日焼け止めを塗ったりすることが多いので肌が直接紫外線にさらされることも少ないですが、男性の場合には肌に何もつけずに外出する人が多いはずです。そのため、男性の肌は女性に比べても紫外線など外部からのダメージを受けやすいと言えるでしょう。
なお、男性の肌質を見てみても女性に比べて皮脂が多く、水分が少ないので乾燥肌やオイリー肌などの肌トラブルに繋がりやすいです。

このように男性には男性特有の肌トラブルとなる原因があるので、それに応じたスキンケアが必要になってきます。

スキンケアの基本は「洗う、保水、保湿」

スキンケアで大切なのは、まず自分の肌質を知ってそれに合ったスキンケア用品を選ぶことです。肌質は大きく「脂性肌」「乾燥肌」「敏感肌」の3つに分けることができますが、それぞれの肌質を併せ持った混合肌もあります。
スキンケア用品の中には肌タイプに特化したものも多いのでスキンケア用品を購入する際には「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」などの記載がないか注意して見てみましょう。

顔や体を洗う際のスキンケアですが、指やタオルでごしごしと洗うと必要な角質まで洗い流してしまうので、洗顔フォームやボディウォッシュをしっかりと泡立たせて優しく洗いましょう。また、洗った後に欠かせないのが保水と保湿ですが、まずは化粧水やローションをたっぷり使って肌に水分を与えます。
この時、肌を叩く必要はありません。優しく肌に塗るように馴染ませていきましょう。その後、肌の水分の蒸発を防ぐために乳液などを塗って保湿をします。基本はこの「洗う、保水、保湿」になりますが、必要に応じて保水の後にシワやシミ対策のための美容液などを使うようにします。

アフターシェービングで髭剃りのダメージから肌を守る

次にアフターシェービングについてですが、まず髭剃りが終わったらぬるま湯でシェービング剤をしっかり落とします。なお、髭剃り後は肌が敏感になっているので、洗顔フォームなどは使用しないようにしましょう。
シェービング剤を落としたら専用のアフターシェーブローションで髭剃り後の肌を引き締め、うるおいを与えます。しかし、アフターシェーブローションの中にはアルコールが入っていて、肌に刺激を感じることもあります。
もし、肌に刺激を感じたらよりマイルドなアフターシェーブローションを使うようにしましょう。また、アフターシェーブローションの代わりに洗顔後に使う化粧水や乳液などでスキンケアすることも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です