ハンドクリームは種類によってその効果に違いがある

ハンドクリームを使ったことがない、という人はあまりいないのではないでしょうか。女性には常識であるハンドクリームですが、男性にはハンドクリームのことをあまり知らないという人もいます。見かけることはあっても実際は使ったことがなく、つけたときのベタベタした感じが嫌で使いたくないという人もいるようです。
そのような男性でもハンドクリームの良さを知ってもらえるように「ハンドクリーム」について紹介します。

ハンドクリームは手荒れを防ぐためのもの

ハンドクリームとは、簡単にいえば手荒れを防ぐためのクリームです。水やお湯をよく使う主婦や職業の人などは特にハンドクリームを使っている人が多く、乾燥を防ぎ予防をしています。ハンドクリームは小さな容器から大きめの缶に入ったものまでさまざまです。
またハンドクリームには香りがついているものもあり、その香りの種類の豊富さには驚くほどです。クリームに含まれている成分によって使用感にも違いがあるものも多く、自分好みのものを探して愛用する人もいます。

女性に人気のハンドクリームはメーカーやブランドなどからもでており、高額なものもありますがほとんどが手に取りやすい価格になっているので男性でも使用している人は多いです。男性は無香料のものを使っていることが多く、女性は香料がついたものを選ぶ人が多いといいます。
ハンドクリームの成分によってその効果はさまざまで、美肌を目指す女性や乾燥が気になる男女に人気のクリームもたくさんあります。特に保湿成分がしっかりとしているものは人気が高く、老舗のブランドやメーカーのものを愛用している人も多いということです。

正しい使い方をすることが大切

ハンドクリームで乾燥を防ぎたいと持ち歩いている人もいますよね。しかし、ハンドクリームは正しい使い方をしなければ効果が半減してしまうこともあります。
ハンドクリームを使うときは、まず正しい使い方を確認しましょう。クリームの効果をしっかりと理解しておくことで、乾燥や肌荒れ・手荒れを改善し、予防することができます。ハンドクリームはすぐに塗ってしまうのではなく、化粧水を2、3回塗布してしっかりと手で押さえてなじませます。
手だけではなく、ひじまでたっぷりと塗り込みます。次にハンドクリームを適量塗り、両手を合わせてこするようにゆっくりと温めましょう。

このように温めることでクリームの伸びがよくなり、浸透しやすくなります。できればハンドクリームを塗る前はきれいに手を洗っておくといいです。
滑りが良くなったら次はひじまで塗ります。手先から腕にまでまんべんなく塗ることで肌の乾燥を防ぎます。最後に腕や肩を回して血行をよくして終了です。簡単で続けやすいのに肌の乾燥を防ぐことができるので、手荒れを防ぎたい人にはおすすめです。
また男性でも化粧水をつけることをおすすめしていますが、ボディローションでもいいので水分をたっぷりと浸透させてからクリームを塗ることが大切です。

それぞれの悩みにあった種類を選ぶこと!

肌質や悩みにあったハンドクリームを選ぶことで、手荒れを防ぎ改善することができます。たとえばカサカサした乾燥肌の人には、保湿系ハンドクリームがおすすめです。
セラミドやヒアルロン酸が含まれているもので、比較的軽い乾燥の人に向いています。カサカサと冷え、そしてくすみが気になる人には、ビタミン系のハンドクリームをおすすめします。特にビタミンEは血行促進を促す効果があるので、冷え性で悩んでいる人には最適です。

角質・肌荒れがひどい人

角質・肌荒れがひどい人は、尿素系ハンドクリームを選択しましょう。尿素は刺激が強いので皮膚が薄い部分にはあまり塗らないようにして、角質やささくれなどに直接塗り込むといいです。ガサガサした厚い角質やささくれができて痛い、という場合は、その部分に集中的に塗布して塗り込むことで、改善していくことができます。
女性だけではなく、男性にも肌荒れや手荒れに悩んでいる人はたくさんいますよね。そのような人こそ、ハンドクリームを使うことで予防・改善をすることができるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です