その順番間違っているかも!?スキンケア化粧品の正しい使い方

化粧水、美容液、乳液、クリーム、正しい順番でスキンケアをしていますか?
どんなに良い成分の入ったスキンケア化粧品を購入しても、使用する順番が正しくなければスキンケア効果を感じることができません。
なんとなく毎日やっていたスキンケア方法が実は間違っていた、なんてことがないように、今一度正しい手順をおさらいしておきましょう!

洗顔後は化粧水か導入液

洗顔後の肌は保湿成分が失われた状態なので、どんどん肌の水分が蒸発していきます。なるべく早く化粧水で保湿することが重要です。化粧水には肌のキメを整えて、そのあとのスキンケア成分を肌に浸透させやすくする効果もあります。
最近は肌表面を柔らかくし、美容成分が浸透しやすい肌に整える「導入液(またはブースター)」というアイテムも登場しています。導入液をプラスする場合には、洗顔後に導入液を付け、その後化粧水を付けるようにしましょう。

化粧水の後は美容液

化粧水で肌を整えたら次に使うのは美容液です。美容液は保湿、美白、アンチエイジングなど、肌悩みに合わせてセレクトするスペシャルケアなので、肌悩みがなければ使う必要はありません。その場合は化粧水の後に乳液のステップに進みます。
ビタミンCやプラセンタの美容液の中には「美容導入液」という名前の製品もあります。美容導入液は洗顔後すぐの肌に使用し、そのあと化粧水を付けるようにしましょう。

美容液の後は乳液かクリーム

化粧水で肌を整え、美容液で美容成分を浸透させたら、成分が蒸発しないように上からフタをする必要があります。乳液は水と油を乳化させたものなので、肌の上に膜を作って乾燥から防ぐ効果があります。
クリームは乳液よりも油分が多く含まれています。乾燥が気になり乳液では物足りない場合には、乳液の上からクリームを重ね付けしたり、乳液は使わずにクリームのみを使ってもOKです。

パックやアイクリーム、オイルの順番は?

基本のスキンケアに加え、ファイスパックやアイクリーム、オイルなどを使用したいときにはどの順番で使うのが正しいのでしょうか?化粧水を含ませたフェイスパックの場合は洗顔後の肌に化粧水の代わりに使用することができます。
美容液を含ませたフェイスパックの場合は、化粧水を付けた後、もしくは化粧水と美容液を付けた後に使用するのが効果的です。目元専用のアイクリームは美容液の後に使いましょう。その後目元以外の場所に乳液やクリームを使用します。美容オイルは乳液やクリームと同じ油分なので、美容液の後に付けるのが基本の使い方です。
ただし、肌の乾燥がひどく、化粧水が浸透しにくくなっている場合オイルをブースターとして使用する方法もあります。その場合は洗顔後ごく少量のオイルをなじませてから化粧水を使うようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です