冬に辛いあかぎれや肌荒れを改善する方法

冬になると指先や手が乾燥して荒れてきます。それをそのままにしておくと更に悪化してあかぎれやひび割れなどが起こり、辛い毎日を過ごすことになります。肌荒れが起こっても食器洗いや掃除など家事や仕事は継続しなければいけません。
しかしこの肌荒れは正しい予防と処置の方法を行えば症状を抑えることも可能です。ここでは冬に多い肌荒れの原因とその改善策について説明します。

冬のあかぎれや肌荒れの原因

手や指の皮膚は皮脂膜で保護されています。この皮脂膜は薄く塗ったクリームの様な状態になっており、皮脂腺から分泌された皮脂と汗腺から出た水分が混ぜ合わされることでできます。 しかし何度も石鹸で手を洗ったり、洗剤などを使って洗浄作業をするとこの皮脂膜が剥がれてしまいます。その結果皮膚の下にある角質の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥します。乾燥した肌はカサカサになり肌荒れなどを発症します。

冬は湿度や気温が低い為に皮脂膜がさらに落ちやすくなり、新しい皮脂膜の形成も遅くなります。新しい皮脂膜が形成されるためには皮脂と水分が必要です。皮脂は手指の血行が悪い冬では分泌が悪くなります。従って冬に一旦皮脂膜が剥がれると新しい膜ができる前に乾燥が続き、悪化していきます。これが冬のあかぎれや肌荒れの原因です。

冬のあかぎれや肌荒れの改善対策

あかぎれや肌荒れの改善対策には3つあります。まず洗う時の水温と洗剤の濃度を変えます。皮脂は脂です。脂は冷たい水よりもお湯の方が溶けて落ちやすくなります。冬に手洗いや食器洗いをする時にお湯で行っていると、汚れと共に皮脂も落ちてしまいます。また洗剤も濃い方が皮脂が剥がれやすくなります。このことから手洗いをする時は石鹸をつけずに水道の冷たい水で洗う方が手が荒れません。食器洗いは冷たい水を溜めて薄い(1%位)洗剤を入れこの中で洗う方が予防できます。

2つ目はゴム手袋の使用です。冷たい水で洗っていると血行が悪くなるので直ぐに温める必要があります。ゴム手袋を使用することで洗剤やお湯をいつも通り使用できます。大きめの手袋の下に綿の手袋をつけるとさらに冷えを防止できます。また風呂を洗う時はブラシやゴム手袋を使用した方が安全です。3つ目はお風呂に浸かるときには手を湯船から出しておくことです。湯船に長く入っていると皮脂が落ちやすくなるので、これを防ぐためです。

冬のあかぎれや肌荒れに効果のあるスキンケア製品

冬のあかぎれや肌荒れにはハンドクリームが効果的です。ハンドクリームの主成分には種類があり、自分の肌の状態に合わせて使用した方が安全で効果があります。
その成分は大きく4種類に分けられます。まず皮脂を守るシリコンやワセリンが配合されているもので、これを洗浄作業をする前に塗ると効果があります。次に軽度の肌荒れにはセラミド結合が配合されているものを塗ると乾燥を防げます。

さらに悪くなった場合は尿素が含まれているものを使用すると、乾燥した角質を落とし滑らかなります。もう1つはビタミンが配合されているもので、皮膚の代謝を活発にしあかぎれや肌荒れを回復させる効果があります。
価格は高くなりますが悪化した場合はこれが適しています。このクリームを就寝前に塗り手袋をつけて寝ると効果があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です